ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 プレジデンツカップ
期間:10/03〜10/06 場所:Muirfield Village Golf Club

最終ホールで劇的バーディの松山英樹「引き分けられたのは大きい」

米国オハイオ州にあるミュアフィールドビレッジGCで開幕した世界選抜と米国選抜の対抗戦「プレジデンツカップ」の初日。松山英樹アダム・スコット(オーストラリア)と組んで、フォアボールマッチ(2人のうち良い方のスコアを採用するダブルス)の第2試合に登場。ビル・ハースウェブ・シンプソン組を相手に、残り4ホールで2ダウンまで追い込まれるも、最終18番で松山がバーディを奪って引き分けとし、世界選抜に貴重な0.5ポイントをもたらした。

反撃ののろしは、世界ランク2位のスコットがあげた。世界選抜の2ダウンで迎えた15番(パー5)。2打目をグリーン右サイドのラフまで運んだスコットは、そこから15メートルのチップショットを直接沈めてイーグルを奪った。「あれで、まだ勝てるんじゃないか、引き分けに持ち込めるんじゃないかという希望が持てた」と、この1打が松山の闘志を呼び覚ました。続く16番(パー3)で、今度は松山がティショットをピンそば3メートルにつけてただ一人バーディとし、残り2ホールで試合を振り出しへと巻き戻した。

<< 下に続く >>

だが、17番でここまで6バーディと米国選抜を牽引してきたハースが、難しい下りのバーディパットを沈めて再び1アップと突き放す。窮地に追い込まれた世界選抜だったが、18番で松山が見せ場を作った。ピンまで残り168ヤードの第2打を、「自分が先に打つので、ミスしてもアダムがいるので心強かった」と、8番アイアンでピンそば30センチにつけてただ1人バーディフィニッシュ。このホールを奪って、引き分けの0.5ポイントをもぎとった松山は、額の汗を拭いながらスコットと喜びを分かち合った。

「緊張はしたけど、調子が良くなくて貢献できたホールが3ホールしかなかったのは不甲斐なかった。それでも、引き分けられたのは大きいと思う」と、終盤3ホールで2バーディを奪う意地を見せた松山。大きく安堵の息を吐いた。

「ずっと3人とは“蚊帳の外”でゴルフをしていたので、どうしようかと思った」と、苦しい序盤を振り返る。「最後の数ホールだけは良かった。その感覚を明日の最初から出せるようにしたい」と、大きな手応えを掴んで2日目のフォアサムへと臨む。(オハイオ州コロンバス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!