ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、我慢の21位浮上も「もったいない」

2013/08/11 09:16


ニューヨーク州のオークヒルCCで開催中の海外メジャー今季初戦「全米プロゴルフ選手権」3日目。イーブンパーの28位タイから出た石川遼は5バーディ、5ボギーの「70」で、前日からスコアを動かせなかったが、21位タイに順位を上げて最終日を迎えることになった。

ナイスカムバックの手応えもある、だが後味の悪さもある。石川の複雑な心境は、クラブハウスに引き上げる際の苦笑いが物語っていた。

<< 下に続く >>

ムービングデーの出だしは最悪だった。1番、2番といずれもパーオンを逃し、アプローチも振るわず2連続ボギー発進。しかし「我慢するしかない」と、この日の難度の高いピン位置、上空を旋回する風を相手に勇み立ち、4番(パー5)でグリーン手前のバンカーからの第3打を寄せて最初のバーディを奪った。

そして中盤はバーディラッシュ。7番でフェアウェイからの第2打をピンそば2メートルに絡め、11番からは5メートルのバーディパットを2連続で決めた。

しかし2アンダーとして迎えた終盤、難易度の高い2ホールを攻略できない。17番ではティショットを右の林へ曲げ、精一杯のボギー。最終18番ではフェアウェイから残り165ヤードの第2打を8番アイアンで放ったが、「(直前に打った)マクドウェルの時はフォローだった」と、アゲンストに変わっていた風を読み間違え、グリーン手前のラフへこぼし、失意の連続ボギーフィニッシュとなった。

“たられば”は言いたくない。けれど上がり2ホールをパープレーで切り抜けられ“れば”、結果的に9位タイで3日目を終われた。「内容にはそんな満足できない。初日のスコア(1アンダー)から言えば、もったいない感じがある。ある程度、好感触だった」。

現在賞金ランク153位、フェデックスカップポイントランク158位からの逆転シード奪取には、今大会のトップ10フィニッシュで次週のレギュラーツアー最終戦「ウィンダム選手権」に希望をつなぎたいところ。「なんとかロケットスタートをして、前半を3アンダーくらいで行けたら」と、高いノルマを課して勝負の残り18ホールに臨む。(ニューヨーク州ロチェスター/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全米プロゴルフ選手権

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!
「ユニクロのウェアは、コースでも常に快適でした。」アダム・スコット選手が認めたウェアを、あなたに。 全英オープンゴルフでの着用予定アイテムや、ザ・メモリアルトーナメント、全米オープンでのスタイリングをご紹介。 汗をすばやく乾燥させるドライ機能商品から少し肌寒い時に重宝するニットやダウンベストまで、ユニクロのウェアがあなたのゴルフを快適にします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!