ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、雨中のトップスタート 28位で予選通過

2013/08/10 09:36


ニューヨーク州のオークヒルCCで開催中の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」2日目。1アンダーの22位から出た石川遼は3バーディ、4ボギーの「71」とスコアを落としたが通算イーブンパーの28位タイで決勝ラウンドに進んだ。

前夜からの雨雲は、この日の午前までロチェスターの上空に居座った。午前7時15分、インコースのトップスタートとなった石川は、11番(パー3)でティショットをピンそば60センチにつけてバーディを先行。しかし雨音は時間の経過とともに勢いを増していき、プレーを難しくした。

ショットにランが出ず、体感距離は大幅に長くなった。「昨日は5番アイアンで打っていたのが、きょうは5番ウッドだった」という17番の第2打は、好感触ながらグリーン奥へこぼしてボギー。さらに折り返しの18番でティショットを右ラフへ外し連続ボギーを叩いた。ショットは安定し、ピンチこそ少なかったが、チャンスを作れない展開が続いた。

それでもボギーを叩いた直後の後半8番、雨脚が弱まったところで6メートルのバーディパットを決めてガッツポーズを作る。そして最終9番はティショットを左ラフに打ち込み、パーオンを逃しながらも1パットパーでしのいだ。「雨が止んで、最後の2ホールはより気合が入った。悔しいなあと」。コンディションが整ったホールを多く残す後続の選手たちの追い上げを思うと、なんとも空が恨めしい。「ラウンド自体は良かった。タフな中を我慢できた」と振り返ったが、口惜しそうな思いが表情ににじみ出た。

4月の「マスターズ」に続く出場メジャーでの連続予選通過だが、そこに満足する気はさらさらない。シード権確保という大きな命題もある。「この悔しい気持ちをバネにして、明日、明後日と頑張りたい。6アンダーあたりのスコアを目指して、マネジメントしていく」とアグレッシブな姿勢をより強くして、週末を戦う。(ニューヨーク州ロチェスター/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全米プロゴルフ選手権

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!
「ユニクロのウェアは、コースでも常に快適でした。」アダム・スコット選手が認めたウェアを、あなたに。 全英オープンゴルフでの着用予定アイテムや、ザ・メモリアルトーナメント、全米オープンでのスタイリングをご紹介。 汗をすばやく乾燥させるドライ機能商品から少し肌寒い時に重宝するニットやダウンベストまで、ユニクロのウェアがあなたのゴルフを快適にします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!