ニュース

米国男子RBCカナディアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

遼「アイアンのうまい選手が上位に来る」

「RBCカナディアンオープン」の開幕前日、プロアマに出場しなかった石川遼は、会場でショットとパットの入念な練習を行い、明日からの開幕に備えた。

先週の「サンダーソンファームズ選手権」2日目から、パッティングにクロスハンドグリップを取り入れた石川は、現在1日500球の打ち込みを課題としている。「慣れるには10万球くらい打たないといけないと思うんですよ。1日1000球打っても100日掛かりますよね」。この日は2時間近くパッティンググリーン上で過ごした石川。これは、腰の状態が良好なことも物語っている。

その後はレンジへと移動し、ショット練習。ただし、ドライバーは打たずに3Wまでに留めた。「今は、(ツアー選手権の前週に45インチから)46インチにしたドライバーが一番良いタイミングで打てていて、3Wもシャフトが長くてヘッドが小さいので、多く打つとドライバーが長い感じがしなくなるので」と、その理由を説明した。

昨日と一昨日、9ホールずつをラウンドし、コース攻略のイメージも湧いている。「グリーンもフェアウェイも綺麗で、特徴はグリーンが小さいこと。狭い区域にピンを切ってくるので、アイアンのうまいプレーヤーが上位に来ると思います。アイアンの距離感と方向性がポイントですね」。

今週は松山英樹も参戦し、日本メディアも増えて注目は高まっている。「僕も頑張らないといけないですね」と石川は少しはにかんだ。(カナダ・オークビル/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 RBCカナディアンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。