ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:オリンピアフィールズCC(イリノイ州)

今日の日本人選手/田中秀道1アンダー10位の好スタート!!

全米オープン初日

午前7時、爽やかな朝の空気をお腹一杯に吸い込み、日本勢のトップバッター田中秀道が、10番ホールのティグラウンドに立った。ティショットでは、誰も踏み入れていないフェアウェイを確実に捕え、傾斜のきついグリーンも難なく2パットでクリアした。先日行われた、この全米オープン最終予選の時と同じように、危なげないプレーぶりだった。

前半9ホールを全てパーで切り抜けた田中は、2番パー4でバーディを奪った。その後も堅実なゴルフでパーを積み重ね、ノーボギーでホールアウト。最終18番もセオリー通りピン手前につけたが、バーディパットは惜しくもカップを掠めた。朝は無風状態だったが、その後は風が出始め、遅い時間にスタートする選手でスコアを伸ばす選手が少なかったこともあり1アンダーは10位となっている。

<< 下に続く >>

田中はクリフ・クレスギ、トム・ギリスとトップ組でラウンドしたのだが、クレスギは田中と同じ1アンダー、ギリスは2アンダー7位と3人とも好スコアをマークしている。

その他の日本勢だが、田中と同じく10番ホールからスタートした丸山茂樹が、2つのバーディを奪ったが、ボギーを7つ叩いてしまい5オーバー108位。1番ホールからスタートした谷口徹は、2番でダブルボギーを叩くと、5番からは3連続ボギー。16番でバーディを1つ奪ったが、最終18番は痛恨のトリプルボギーを叩いた。通算9オーバーは韓国の崔京周と並び最下位から3番目と最悪のスタートになってしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!