ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 セントアンドリュース(イリノイ州)

セントアンドリュース街めぐりベスト10/全英オープン

2005/07/13 09:00

1位 なんとも羨ましいのが聖地のジュニアゴルファー

セントアンドリュースの子供たちはゴルフが大好き!というわけではない。日本と同じでTVゲームやアニメにも熱中してしまうのだが、そんな運動不足の子供たちに「そんなことしてないでゴルフにでもいってきなさい!」というのがここの親達である。コースまでは街周辺の住宅地からも徒歩圏内。子供用のコースもクラブハウスもある。そしてなんといっても16歳以下はプレー代が無料。日本でもこうなってほしいこの環境は羨ましい限りである。

2位 スコットランドに来たらパブに寄らなくちゃ!

「いらっしゃいませ!」とセントアンドリアンのおばちゃん等が迎えてくれるパブが至るところに点在しているセントアンドリュース。中でもオールドコース17番ホール沿いの「THE JIGGER INN」はゴルファーのプレーが眺められるテラス席があり大人気。ゴルファー達はスコッチなどをちびちびと飲みながらゴルフ談義に華を咲かせる。因みにビールは常温のまま出てくるので、日本人は「コールドビールプリーズ!」という具合に注文している。

3位 訪れたゴルファーが立ち寄る書店で売れている物とは?

日本からこの地を訪れたゴルファーが立ち寄るのが、18番グリーンより徒歩30秒のところにある書店「クウォトロブック」だ。世界中のゴルフ本が集められている老舗で、古い映画に出てきそうだがそんな中でもよく売れるのが中古ボール(写真:GOLF BALLS 70p=1個約140円)だそうだ。ラフは1M近くバンカーは身長以上深いオールドコース。日本でシングルを誇るゴルファーが100叩きをして泣く泣く買っていくというわけだ。

4位 ウィリアム王子も通ったセントアンドリュース大学の学生達の勤勉さ

約5000人の学生が通うセントアンドリュース大学。ウィリアム王子が通ったことで有名になったがスコットランドでは名門中の名門である。学生達はかなり勤勉で図書館はいつも満席。学生寮でも酒を飲んで大騒ぎということはなく、お酒を飲むならダンスパーティで正装して盛り上がるというスタイルはさすが紳士の国である。当然ゴルフ部もあるがレギュラーになるにはスクラッチ以上のHCが必要。次のクラスはHC1~3が条件だそうだ。

5位 日曜日は教会へ。コースも試合以外の日はお休みです

セントアンドリュースの日曜日は教会から始まる。小さな街中に小さな教会が点在しており、住民達は自分の教会に出向き祈りを捧げる。オールドコースが日曜日に営業しないのもそのため。「炎のランナー」という映画にランナーが日曜日の競技の出場に悩むシーンがあったが、スコットランドの人もまた神聖な1日を今も大切にしているのである。オールドコースは日曜日は市民に開放。犬の散歩もOK、乗馬をしている人を見たこともある。

6位 ホテルやレストランの名前もゴルフ、ゴルフ!
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。