ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 セントアンドリュース(イリノイ州)

全英オープン初日上位陣のインタビュー/グーセン“コース攻略は把握している”

レティーフ・グーセン(3位タイ・4アンダー)
「16歳のアマチュアだった時に初めてこのコースでプレーしました。それ以後も何度か周って攻略法はわかっているので大会を楽しみにしていました。好スコアの鍵は大事なパットを決められるかどうか。ここのグリーンはどう曲がるか分かっていますからね。ですからショットがそれほど良くなくても、グリーンの対策が分かっていたのでスコアが崩れずにすみました」

ルーク・ドナルド(3位タイ・4アンダー)
「距離はそれほど関係無いと思います。硬くてとても転がるコンディションですからね。タイガー・ウッズアーニー・エルスはこのコースでも飛距離を活かせますから、もしも彼らのドライバーショットが好調であれば有利ですね」

フレッド・カプルス(3位タイ・4アンダー)
「上がりで2連続バーディを良いプレーができました。このコースで必要なパーセーブを決め上手くまとめるゴルフができました。左から右への風でボールが流されるようなこともありませんでしたし、インに入ってから楽に周れました。17番のバーディは夢が叶った感じ。最後の18番のパットも上手く沈め、4アンダーでホールアウトできて最高です」

ホセ・マリア・オラサバル(3位タイ・4アンダー)
「大会出場を諦めていたのに、土壇場で出場権がもらえたので、ただひたすら楽しみながらプレーしたいですよ」

マイケル・キャンベル(13位タイ・3アンダー)
「今日は妙なラウンドでした。12番までけっこう酷いプレーだったのに、パープレーで凌げました。12番ではティショットをひっかけて左のブッシュに入れてしまい、アンプレとなってしまいましたが、その後の14番からの3連続バーディ。さらに最終18番もバーディと、上がり方が良かったですね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。