ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 ロイヤルバークデール(イングランド)

今日の日本人選手/午後スタートの岩田寛、矢野東が好スタート!!

今年の全英オープンには日本人選手8人がエントリー。しかし、大会直前に昨年の日本ツアー賞金王・谷口徹が背中を痛め棄権。7人の精鋭が嵐の中、スタートを切った。先陣をきって現れたのは、フィル・ミケルソンポール・ケーシー(イングランド)ラウンドした谷原秀人。谷原がスタートした時間帯がもっとも雨、風ともに強い状況だったが、スタートからダブルボギー、ボギーと苦しい展開となった。

前半で6オーバーとスコアを崩した谷原だが、後半は11番でチップインバーディを奪うなど耐えるゴルフを見せた。6オーバーは74位タイと出遅れる形になったが、同じ組でラウンドした2人よりも良いスコアをマークしている。

続いてスタートしたのは松村道央甲斐慎太郎。松村は12オーバーの145位タイ。甲斐はスタートの1番でバーディを奪った時点で、リーダーズボードの最上段に名前を掲げたが、4番から序々にスコアを崩し始める。終盤の15番から上がり4ホール連続ボギーでホールアウトし、10オーバー136位タイとしてしまった。

この日の日本勢は午後スタートが多く、その後は今田竜二矢野東岩田寛、そして最終組で塚田好宣が登場。今田は後半にスコアを崩し7オーバー91位タイ。最終組の塚田は5オーバー52位タイ。初日に好スタートを切ったには矢野と岩田だった。矢野は3バーディ、7ボギーの4オーバーで38位タイ。日本勢で初日最も耐えるゴルフをしたのは岩田寛で、3オーバー27位タイの好位置につけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。