ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ギリギリでシード権を得た心境

米ツアーの全日程が終了。今年も激しいシード権争いが繰り広げられたが、ぎりぎりで来季出場権を確保した選手の心境とはどのようなものなのだろうか?

来季シード権を獲得するには、米ツアーでは賞金ランク125位に入らなければならない。今年、その125位に入ったのはジェイ・ウィリアムソンだった。最終戦のサザンファームビューロクラシックには143位という危うい位置で出場したのだが、3日目までに11アンダーを記録し、5位タイフィニッシュで来季シード権を手に入れた。

ジェイ・ウィリアムソン
「全く信じられない。賞金ランクが125位になって家族や友人、知人からお祝いの電話がひっきりなしにかかってきた。3日間で勝負が決するなんて思ってもみなかったが、このお蔭で未来への希望が湧いてきた。今は安堵の気持ちでいっぱい」

サザンファームビューロクラシックは、日曜日に悪天候に見舞われ、月曜日に最終ラウンドを行うことになった。しかし、その月曜日も悪天候の影響でコースコンディションが持ち直すことができず、3日間に短縮することが決定したのだ。

ウィリアムソンは今夏、腰痛の悪化により6週間のツアー離脱を余儀無くされた。賞金ランクで大きく遅れを取り、最終戦での活躍がなければ来季のツアー出場権を失うことになっていたのだが、苦しいQスクールに出場するつもりはなく、エントリーもしていなかったそうだ。

この強い意志が奏功したのか、腰痛から復帰後の11試合中、9試合で予選を通過する活躍を見せ、しかも最後の7ラウンドは29アンダーという爆発的スコアを記録した。

「(最終戦で)最終日をプレーしなかったからラッキーだったね、なんて言われるけど、私は3日目までにベストを尽くしたし、やるべきことをやった」

男子トーナメントは通常4日間だが、天候により短縮されることもある。1日たりとも気を抜くことができないということだ。

Golfweek

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~