ニュース

米国男子SEIペンシルバニアクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 SEIペンシルバニアクラシック
期間:09/12〜09/15 ウェイネスボロウCC、ローレルバレイGC(ペンシルバニア州)

PGAツアー「SEIペンシルバニア クラシック」初日

PGAツアー賞金ランキングの上位10名はみんなお休み。上位のプレーヤーはトップ25のうちの3名のみ。強豪が来週「WGC-AMEX選手権」に備え不在となると、先週のジョン・ロリンズのような無名の選手が初優勝を挙げられるチャンスでもある。

初日のロリンズは、14ホール目となる5番パー5でピン側1メートル内につける見事なショートゲームを披露し、2アンダー。この時点で4アンダーの首位ですでにホールアウトしていたJ.J.ヘンリーの2打差に迫った。ディフェンディング・チャンピオンのロバート・アレンビーはイーブンパーで11番を迎えた。グリーンオンを狙った2打目は大きくグリーンをオーバーしたものの、ラッキーなバウンドを得て、グリーンに乗った。しかし運を活かしきれずバーディパットを外し、イーブンのまま。

初日に好調だったのがビリー・アンドレード。すでに3アンダーにまでスコアを伸ばしていた15番パー5をフェアウェイウッドでナイスオン。イーグルパットは外したものの、バーディで4アンダー。ついに首位のヘンリーに並んだ。そして最終18番パー5。グリーン右に外してしまったものの、そこからの3打目のアプローチは完璧なタッチ。バーディでフィニッシュし、5アンダー。単独首位の位置を獲得した。

◇初日の結果
首位(-5・66):ビリー・アンドレード
2位タイ(-4・67):J.J.ヘンリー、ケニス・ステートン
4位タイ(-3・68):マシュー・ゴーギン、ドニー・ハモンド

関連リンク

2002年 SEIペンシルバニアクラシック




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~