ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ノーザントラストオープン
期間:02/19〜02/22 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

石川遼、収穫と課題を得たPGAデビュー戦

2009/02/21 14:41


PGAツアーデビュー戦となる「ノーザントラストオープン」の2日目、初日を2オーバーで終えた石川遼は、予選通過を目指してこの日は10番からティオフした。

スタートホールの10番(315ヤード/パー4)では、ドライバーで放ったティショットが、グリーン左サイドのカラーまで届くと、アプローチをピンそば1.5mに寄せる。しかし、このバーディパットを決められない。ポアナ芝の独特の芝目に慣れることの出来ない石川は、2日目はこれまで使っていたL字にパターを戻したが、そう簡単には結果が出ない。

<< 下に続く >>

その後もグリーン上ではタッチと読みがあわず、何度も1、2mの苦しいパーパットを沈めた石川だが、16番パー3で2.5mを外してこの日初めてのボギーを叩いてしまう。一つスコアを落して折り返したが、「3,4番あたりでボードを見て、まだいけるだろうという気持ちでプレーしていた」というが、5番でまたしても3パットのボギーとしてしまう。

予選通過は厳しくなって、迎えた6番パー3。5Iで放ったティショットをピン下2mにつけると、このパットを沈めてようやくこの日初めてのバーディを奪う。何度もカップに嫌われていただけに、石川は思わず両手を挙げて待望のバーディを喜んだ。

「昨シーズンもあったのですが、予選通過が遠くなると、その結果体がスムーズに動くようになる」という石川は、続く7番でも1mを沈めて連続バーディ。日没が迫る中、なんとか18ホールをホールアウトした石川は、この日は2バーディ2ボギーのイーブンパー。通算2オーバーで、カットラインに3打届かずに予選落ちが決定した。

「素直に言えば、4日間プレーしたかった」という石川。「ドライバーだけなら、一緒に回っている選手と同じくらいフェアウェイキープ出来ていたし、飛距離も出ていたけど、同じ場所から3人で打って、僕だけピンから離れていくってことが多かったので、課題は全クラブですね」と、改めて世界との差を認識した。

「あれだけ緊張していなければって思うけど、全選手が緊張しているし、緊張の中で自分は良いショットを打てなかったのが予選落ちの原因です。世界の人は、それを当たり前のようにやっている」と、自身を高めるべき道も見つけた。「また3月にチャンスが待っているので、そのチャンスをもっとプラスに代えていけるようにしたい」と、悔しさを胸に次回のリベンジを誓った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ノーザントラストオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!