ニュース

米国男子フナイクラシック at ザ・ウォルトディズニーWリゾートの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 フナイクラシック at ザ・ウォルトディズニーWリゾート
期間:10/23〜10/26 場所:ウォルトディズニーワールドリゾート(フロリダ州)

「フナイクラシック」タイガーの練習ラウンド

PGAツアー「フナイクラシック・アット・ウォルト・ディズニー」のホスト役、タイガーが練習ラウンドに現われたのは明け方。マーク・オメーラとともにラウンドしたタイガーは9時15分にはラウンドを終了していた。過去3回この大会では25アンダー、23アンダー、26アンダーとバーディラッシュ。しかしタイガーはロースコアが出すぎている状態を嫌っている。

タイガー・ウッズ
「ロースコアが出過ぎるのはもともと嫌だったんだ。きっと好きにならないだろうね。ここではショットの良さではなく、パットの良し悪しだけで決まってしまう、パッティング・コンテストみたいになっちゃってる。全米オープンの開催コースのように1打1打を計算してコントロールしながら打たなければスコアにつながらないというタイプのプレーの方が僕は楽しい。またこの大会は予選の2日間はアマチュアのプレーヤーのためにピン・ポジションが甘くなる。だからピンをデッドに狙えちゃうんだよね」

タイガーのコメントどおり、この大会での平均スコアのトップはご本人。過去28ラウンドの平均スコアは67.68となっている。またタイガーにはバイロン・ネルソンが打ち立てた113回連続予選突破という記録に並ぶ期待がかかっているこの試合。しかし記者団の期待とは裏腹にタイガーからは控えめなコメントが出た。

タイガー・ウッズ
「予選通過は決して楽じゃない。時にはあまりにスコアが酷くて試合から抜け出したい気持ちになったこともある。でもなんとか投げ出さないで、踏ん張る方法を探し出すんだ。1つの長いパットが予選落ちから救ってくれたこともあった。今年のオーガスタがそうだったね。最終18番でバーディをとっていなかったら予選通過は危なかったし、数年前のビュイックでも最終ホールでのバーディで予選を通過できたんだ。中には予選を通過できないかもと思った試合もあったけど、なんとか通過してこれたんだ。簡単なものじゃないんだよ」

また、タイガーの相棒も今週はいつものスティーブ・ウィリアムズから長年の友人ブライアン・ベルに代わっている。休暇をもらったスティーブは趣味のカーレースに参戦中。先週の開幕戦では優勝したらしい。ブライアン・ベルはタイガーが全米アマチュア選手権を3勝した時のキャディ。また1998年の「ビュイック招待」でもキャディを務め、優勝している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 フナイクラシック at ザ・ウォルトディズニーWリゾート




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!