ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ザ・プレーヤーズ選手権
期間:03/27〜03/30 TPC at ソーグラス(フロリダ州)

T.ウッズ「ザ・プレーヤーズ選手権」忍耐の一日

いつもは堂々と流れるようなスウィングで周囲を魅了するタイガー・ウッズだが、今日は違った。出だしのティショットもアドレスに入ったのにも関わらず、しっくりいかない顔つきで仕切り直し、さらに試合後のインタビューでも珍しく言葉が出てこないお疲れの様子。

タイガー・ウッズ
「今日のコンディションは、えーっと...言葉が出てこない。今日の私は大丈夫?」

72のパープレーというのは決して悪いようには思えない、タイガーの精神力がなければどうなっていたことだろうか。

タイガー・ウッズ
「踏ん張っていなければスコア77とか78になっていた。トーナメントは初日が良くても優勝できないけれど、初日をつぶしちゃうと絶対に勝てない」

タイガーが踏ん張りが利くのは彼が天才だからだけではない、誰よりも諦めず攻めつづける精神があるからだ。

タイガー・ウッズ
「今日は決して良いスタートではなかった」

タイガーの言うように、出だしはボールを打った後に、クラブを地面に叩きつける苛立ちを見せた。

タイガー・ウッズ
「いままでのようにボールをクリーンに打てていないんだ。ひっぱったりもしていたし」

こう本人も語るように、スウィングのリズムをどこかへ置き忘れてきてしまっているタイガーを助けたのはショートゲームだった

ダン・フォースマン(初日同組でラウンド)
「16番のラフからのアプローチは美しかった。世界ナンバー1らしい素晴らしいカムバックを見せてもらった」

タイガー・ウッズ
「今日みたいな日はイーブンパーに戻すだけでもかなりがんばらなくてはならなかった。でも結果としてイーブンに戻せたことには満足している。実は例の食中毒のせいで3日間で3キロ近く痩せてしまった。私にとってその体重を戻すのはかなり厳しい」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。