ニュース

米国男子アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

奇跡は起きる?E.エルスが3位浮上

フロリダ州のベイヒルクラブ&ロッジで開催中の「アーノルド・パーマーインビテーショナル」はタイガー・ウッズが通算11アンダーの単独首位で3日目を終了。復活優勝に王手をかけて最終日を迎える。しかし1打差2位には全米オープン王者のグレーム・マクドウェル(北アイルランド)、そしてさらに2打差の3位タイにイアン・ポールター(イングランド)と並び、アーニー・エルス(南アフリカ)が浮上してきた。

3アンダーの15位タイから出たエルスは、4番、6番と前半2つのパー5でバーディを奪うと、残り150ヤードの第2打を2.5メートルにつけた8番から2連続バーディ。アウトで4つスコアを伸ばしてリーダーズボードを駆け上がった。後半は1バーディ、1ボギーで迎えた最終9番で4メートルを沈めてバーディフィニッシュ。この日のベストスコア「67」をマークして通算8アンダーまで伸ばした。

最終組よりも1時間半、早くスタートしていたエルスは、ホールアウト直後「(プレー中の)タイガーのことを悪く言いたくないが、いくつかボギーをたたいてくれたら、明日はチャンスがあるなあ」と、いたずらっぽい笑顔を見せた。すると、その祈りが通じたのか?タイガーは後半14番でボギー、続く15番ではダブルボギー。結局2打差で最終日に入ることになった。

今大会で優勝はもちろんだが、単独3位以上に入れば今大会終了後の世界ランクで50位以内に入り、19年連続のマスターズ出場が決定的となる。だが「どんなことが起ころうとも、今シーズンここまで良いプレーができている事がうれしい。一生懸命やってきたことが、成果として表れ始めている」と昨季の不振から一転した調子を喜んでいる。

エルスは2年前の同大会チャンピオン。どんな結果も受け入れる準備はできている。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 アーノルド・パーマーインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。