ニュース

米国男子ファーマーズ・インシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン
期間:01/26〜01/29 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

今田竜二は初日の出遅れが響き予選落ち

2012/01/28 11:31


カリフォルニア州のトーレパインズGCで開催中の米国男子ツアー第4戦「ファーマーズ・インシュランスオープン」2日目。1オーバーの100位タイから出た今田竜二は、難易度の高いサウスコースを回った第2ラウンドを「72」でまとめたが、通算1オーバーのまま決勝ラウンド進出を逃した。

初日の流れを象徴するような出だしだった。今田はスタートホールの1番で第2打をピン手前4メートルにつけ、いきなりバーディチャンス。しかしこれをわずかに外すと、続く2番では1.5メートルを決められずにパーが続いた。そして3番では右手前から3パットボギー。「そこから吹っ切れて、昨日練習したことをそのままやろうと思った」と5番で7メートルを沈めてバーディを取り返すなど、息を吹き返したが、後半も1バーディ、1ボギーとスコアを伸ばすことは出来なかった。

終始パットに苦しみ1オーバーに終わった第1ラウンド。「やっぱり(初日)ノースコースで5つくらいは最低でも獲らなければいけなかった」と前日のプレーを悔やむ。「惜しいところに行っても、カップに蹴られるのは打ち方が良くないから」。今季3戦で2度目の予選落ち。「噛みあわせが悪い。ショットとパット、どっちかがかけても上位に行くのは難しい」と、うつむいた。

それでも「これだけパットが入らなくて、サウスコースでイーブンパーで回れた。少しずつ良くなっている」。ここまで3週連続で出場が続いているが、今後は2月16日開幕の「ノーザントラストオープン」までオープンウィークを設けずに参戦する予定だ。(カリフォルニア州サンディエゴ/桂川洋一)

関連リンク

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~