ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/11〜08/14 場所:アトランタ アスレチッククラブ(ジョージア州)

池田勇太は45位タイ 今週から国内ツアーに復帰

2011/08/15 09:16


米ジョージア州アトランタ アスレチッククラブで行われた海外メジャー今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」最終日。大会に出場した5人の日本勢の中で、ただひとり決勝ラウンドに進出した池田勇太は、最終ラウンドを3オーバーの43位タイからスタート。前半に猛チャージを見せたが、後半インで苦しみ6バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの「72」。通算5オーバーの45位タイでフィニッシュした。

最終ラウンドの池田は、序盤から快調に飛ばした。出だしの1番でフェアウェイからの第2打を9番アイアンでピンそば20センチにつけバーディ発進。続く2番で3パットのボギーとしたが、4番から怒涛のラッシュが始まった。パー3でグリーン奥のカラーからの第2打をパターで沈めたのをきっかけに、続く5番(パー5)では第2打を確実にグリーン右手前のラフへ運び、寄せてバーディ。この日、前方のティグラウンドを使用し289ヤードと短くなった6番のパー4ではドライバーで1オンに成功。さらに7番(パー3)で4メートルを沈めて4連続バーディを奪ってみせた。

<< 下に続く >>

しかし通算1アンダーまでスコアを伸ばして迎えた後半。10番、11番でともにパーオンに成功しながらも、3パットを続けて痛恨の2連続ボギーを喫した。その後は悪い流れを断ち切れず14番では1.5メートルのパーパットを外し、15番(パー3)ではティショットをグリーン左のバンカーに入れたところからダブルボギーとした。最終18番でもグリーン左ラフから、ふわりと上げて1.5メートルにつけるも、パーパットを外してしまう。締めくくりがボギーでは、憮然とするのも無理はない。

前半「31」に対し後半は「41」。ジェットコースターのようなラウンドに「下手です。それだけです。自分の責任」と自らへの怒りで震えていた池田。「バーディを獲りに行って3パットしているようじゃ、ただのバカ。収穫? あると思うが、そんなの考えてる余裕が無い」と厳しい言葉だけを吐き出す。「全英オープン」に続き、メジャー2大会連続で日本人で唯1人予選を通過して気を吐いたが、そのレベルで満足する様子は無い。

大舞台で味わった悔しさを噛みしめながら帰国し、18日開幕の「関西オープン」から早くも国内ツアーに復帰する。疲労は蓄積されるばかりだが「気持ちを切り替えてやりたい」。目標に掲げる最多勝、賞金王へ向け、再スタートを切る。(米ジョージア州ジョンズクリーク/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!