ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 コングレッショナルC.C(メリーランド州)

【GDO EYE】石川遼、海外メジャーで戦う意味

それは、完璧な放物線だった。左奥に半島のような形で池に突き出したグリーンに切られたピン位置は、その先端付近。全米オープン2日目、通算2オーバーで最終18番を迎えた石川遼は予選カットラインも気になる中、残り227ヤードの5Iで放った第2打を、花道からきれいな軌跡を描くドローボールで、ピン横へとぴたりとつけた。

前のホール、17番の第2打も見事だった。グリーンの手前エッジからピンまでは8ヤード。「8Iのフルショットだと飛んでもピンぴったりで、緩むと手前バンカーに入ってしまう。覚悟を持って打ったショットでした」と石川。これが、ピン手前2mについてバーディを奪う、予選通過へのウィニングショットとなった。

この日の石川のプレーは、見ている僕らを引き込む魅力を持っていた。全米オープンというメジャーの舞台。首位のロリー・マキロイを追いかけて好プレーを続けるY.E.ヤンと、暴れるドライバーを楽しむかのような余裕を見せるアンソニー・キムとのペアリング。3人それぞれが見せる1打1打への集中力が、ショットの質を高め、奥深いゴルフの世界へと導いてくれる。

海外でプレーをする意味はこういうところにあるのだろう。キャディの加藤大幸氏は指摘する。「日本にいるときと比べると、アプローチやパットの読みに掛ける時間が全然違う。日本だと早く結果を見たがって、すぐ打ってしまう時がある」。そして続ける。「だから、絶対早くこっちに来た方がいいと思う」。

環境が人を作るということは、否定できない。22歳のマキロイがメジャー制覇へ向けて力強く突き進み、石川が同世代らと世界一を目指してしのぎを削る。もちろん、本人も早く行きたいというのが本音だろう。その日はいつか来るはずだ。だけどその前にあと2日、そんな世界で戦う石川を見ることができるのは幸いだ。【ベセスダ/今岡涼太】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。