ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ノーザントラストオープン
期間:02/17〜02/20 リビエラCC(カリフォルニア州)

【GDO EYE】飛ばなくたって大丈夫!ベテランのC.ペイビンが奮起

米国男子ツアー「ノーザントラストオープン」の初日、晴天に恵まれ中断なども無かったが、14名がホールアウトできずに日没サスペンデッドとなった。その理由の一つは、例年になく、グリーンが硬いこと。グリーンが難しいことで多くの選手がスコアメイクに苦しんでいる。そしてもう一つの理由は、コースが比較的距離が短いことだ。

パー5で2オンが可能な1番、そしてパー4だが飛距離の出る選手には1オンも可能な10番などで前組のプレーを待つことで、進行の遅れが生じてしまう。記者会見でも「このコースは距離が長くないので、自分にも十分チャンスがある」と言う選手が多いが、ただ一人「コースが長くて大変だよ」と嘆く選手がいる。現在53歳のコーリー・ペイビンだ。

1994年、95年とこの大会で連覇を果たし、同95年には「全米オープン」も制した。そして昨年はライダーカップの米国選抜キャプテンを務めるなど、米国男子ツアーでは有名な選手だ。そして有名なのは実績だけでなく、その飛距離。当時、「全米オープン」を制したときにも、距離が長くハードなセッティングでペイビンが優勝したことは、ペイビンのゴルフスタイルを知る誰もが驚いた。

53歳となった現在は、さらに飛距離が落ちているが、この日は12ホールを消化して5アンダーまでスコアを伸ばし単独首位に立っていた。写真は4番パー3でのティショットだが、グリーンまでの距離は236ヤード。飛ばす選手ならアイアンを持つことろだが、ペイビンは迷わずドライバーを選択した。

そのドライバーショットが極めて正確で、グリーンには乗らなかったが、手前のカラーでボールは止まった。それを見ていた同伴競技者のリッキー・ファウラージェフ・オバートンは、自分たちとの攻略法があまりに違うため、思わず笑ってしまった。

その後、終盤に3つのボギーを叩いたペイビン。2アンダーの暫定16位でホールアウトし「2アンダーはナイスプレーですね」と記者に言われると「そんなことないよ。一時は5アンダーまで行ったんだから」と反論。「明日は午前組だし、グリーンの良い状態でラウンドできるから楽しみだよ」と、さらにスコアを伸ばし順位を上げることを狙っている。飛距離はなくともベテランの技でどこまで戦えるのか注目したい。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ノーザントラストオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。