ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:セントアンドリュース(スコットランド)

12打差と窮地に追い込まれたタイガー!どこまでプレッシャーをかけられるか!?

全英オープン3日目、8打差を追いかけるタイガー・ウッズは午後3時5分にプレーを開始した。前日ほどの突風ではないもの、西南西からの風は強く、気温は16度前後というコンディションだった。通算4アンダーでスタートしたタイガーは、フロントナインでバーディをなかなか奪うことができずに5番と8番でボギー。9番と12番でバーディを奪取してスタート時点のスコアに戻すが、その後13番でボギー、15番で3つ目のバーディを記録するが難しい17番でまたスコアを落としてしまう。結局3日目は3バーディ、4ボギーの「73」。通算3アンダーは18位となってしまい単独トップ(15アンダー)のルイ・ウーストハイゼン(南ア)とは絶望的は12打差と大差がついてしまった。

前日と同じように左からの風が吹き続ける最初の7ホールでチャンスは来なかった。4ホールをパーとしたあとチャンスホールのパー5、5番でセカンドショットを大きく右に外してしまったタイガーの球はブッシュの中に入ってしまう。アンプレアブルの1ペナという選択をしてここは4オン2パットのボギー。8番パー3でももう一つスコアを落としてしまったタイガーは、得意にしている9番ホールと12番のパー4でいずれも1オンに成功。

<< 下に続く >>

イーグルパットを入れることはできなかったが2つのボギーを帳消しにするバーディで通算4アンダーにスコアを戻した。ここから順位を上げていく「ムービングデイ」の勝負と思われたが続く13番でバーディパットを大きく打ちすぎてしまい3パットのボギー。15番ではピン右からの6メートルのバーディパットを沈めることに成功するが今日はこれが最後のバーディだった。

最難関の17番ではティショットを大きく左に曲げて深いラフ。2打目は横に出すだけ。7番アイアンでピンを狙う3打目はグリーン右の道を越えてしまう。どうにか4パット、1パットのボギーでこのホールは切り抜けるものの最終18番ではバーディを奪えずに前日に続いてのオーバーパーで3日目の競技は終了となった。

前日に続きパッティングに苦しんだタイガーは比較的明るい表情でテレビのインタービューで以下のように返答をしていた。

Q:今日は流れを掴むのが難しかったようですね

全然入れることができなかったのでタフでした。勢いが全くなかったですね。ショットの感触はこの3日間で一番良かったんですがスコアになりませんでした。

Q:ショットの内容とパッティングはどうでしたか?

ショットはとても良かったです。球のコントロールはうまくできていましたがうまくカップに沈める事はできなかったです

Q:パッティングはどのような点が問題でしょうか?

スピードですね。グリーンによってそれぞれスピードが微妙に異なります。ループ(途中の8番から11番)のグリーンは少しグリーンが遅いんです。他のホールのグリーンは(転がりが)少し速く感じます。私自身スピード感は十分注意しているんですがうまく掴めていません。

Q:今週から使用している新しいパターはどうでしょうか?
初日は良かったですが昨日と今日は3パットが多くダメですね。ショットの内容では十分優勝争いに絡む感じがあるだけに残念です。

Q:今日のコンディションはどうでしたか?
スタート時は難しかったですが、前半は難しかったですがバックナインの途中から少し弱まった感じがあったのでプレーはしやすくなりました。ほんの少しで弱まってくれただけでもグリーン上やフェアウェイでボールが動きそうに揺れる事はないので落ち着いてプレーができます。

リーダーとは12打差、2位のP・ケーシーとは8打差がついてしまったタイガーの優勝可能性は95%無くなってしまったといえるだろう。しかし上位11人の中でメジャー優勝者は5アンダーのR・グーセンのみ。メジャー競技のプレッシャーはチャンピオンシップサンデーのバックナインで最大マックスとなる。リーダーグループの選手を襲うこのプレッシャーは時として信じられない結末に繋がることは何度も起きている。

タイガーは最終組の10組前、1時間45分前にスタートする。もし7アンダーの「65」を記録すれば通算10アンダーとなりプレーオフ(4ホール)の可能性が出てくるだろう。明日は西側ではなく南側よりと90度ほど風の方向が変わるので上がりの7ホールがアゲンストの風になる。目の前の一打の積み重ねとなるがミラクルタイガーチャージに期待したい!

★ラウンドデータ
・スコア:73(37-36)1オーバー
通算67-73-73=213(3アンダー)

・バーディ:3ホール
・パー:11ホール
・ボギー:4ホール

・パー3:通算1オーバー
・パー4:通算1アンダー
・パー5:通算1オーバー

・フェアウェイキープ率:62.5%(16ホール中13ホール)
・パーオン率:72.22%(18ホール中13ホール)
・合計パット数:35パット(1パット4回、2パット11回、3パット3回)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!