ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ライダーカップ準備?フューリック、ケリーが開催コースで練習

9月に開催される「第35回ライダーカップ」はミシガン州デトロイト郊外に位置する名門オークランドヒルズCCが舞台。今週のPGAツアー「ビュイックオープン」の開催コースから近い為、何人かの選手がこのオークランドヒルズでプレーした。その中の2人がジム・フューリックジェリー・ケリー

フューリックはチーム入りが確実となっている一方、ケリーはポイントランキングで現在11位につけている。ケリーは今週トップ10入りを決め、ポイントを稼ぎたいところ。伝統的なレイアウトで知られるオークランドヒルズCCでは91年に「全米シニアオープン」が行われジャック・ニクラスが優勝。また、96年には「全米オープン」が開催され、スティーブ・ジョーンズが番狂わせのチャンピオンとなった。2年前には「全米アマチュア」の舞台にもなっている。

<< 下に続く >>

ジェリー・ケリー
「何故ここで何度もメジャー戦が開催されるのかが分かりました。素晴らしいコースです。特にグリーンが見事で、ティショットでの戦略が問われます。一目で気に入りましたし、是非『ライダーカップ』でプレーしたいです」

ジム・フューリック
「『ライダーカップ』出場は私にとって常に大きな目標です。必死にチーム入りを目指さなかったらメンバーにはなれません。大好きな大会なので今からワクワクしています。しかし、今日のこのコンディションではいいテストとは言えませんね。ヤーデージブックを見ながらプレーしましたが強風と雨の中、ドライバーで230ヤードがやっとだったホールもありました。ランがほとんどでなかったです。それぞれのホールにティショットの落とし所はどこがいいかなどを把握し、頭に叩き込んでおきたいと思います。96年の『全米オープン』の時、ここでプレーした経験が準備に役立っています」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!