ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)

2日目/地の有利を生かしたC.モンゴメリーなど上位陣にインタビュー

全英オープン

トーマス・レベ(2位・6アンダー)
「風に翻弄され、自分の集中力や冷静さを邪魔されないように努めました。風が強くなることは分かっていましたから、冷静に判断しようと努めたんです。風が吹けばピンを攻めるのは厳しくなります。ですから忍耐強く、安全圏から長いパットを打つしかありません」

バリー・レーン(3位・5アンダー)
「初日、2日目ともにフロントナインでのショットは決して良くは無かったのですが、この2日間バックナインの方が、安定したショットが打てています。またパットが好調だったのでトラブルな場面も切り抜けることができました」

マイケル・キャンベル(5位タイ・4アンダー)
「トゥルーンが牙を剥き始めましたね。グリーンが乾いて硬くなり、ピンポジションも厳しくなっている。そんな状況下でイーブンパーを出せたのは満足です」

ビジェイ・シン(5位タイ・4アンダー)
「コース・コンディションは日に日に厳しくなっているね。でも大事なことは自分のプレーが好調だってこと。昨日に比べてスコアは悪いけど、プレーは良くなってる。ティショットも良かったし、グリーンもはずしたのはたった2回だ」

トッド・ハミルトン(5位タイ・4アンダー)
「やっと自分のベストプレーが出せました。トゥルーンのようなコースでは、良いショットでもアンラッキーに、また悪いショットがラッキーになったりする。だからとにかく忍耐強くプレーしようと努めています。とにかくバンカーは避けるよう努力しています。ここのバンカーは命取りですから」

コリン・モンゴメリー(5位タイ・4アンダー)
「スタート前に今日69だと聞いていたら、浮き足だっていただろうね。今日のプレーに満足しているよ。僕は誰よりもこのコースを知り尽くしている。5位タイという順位は優勝を狙える良いポジションだと思うよ」

レティーフ・グーセン(10位タイ・3アンダー)
「今日のラウンドには満足しているよ。バックナインではそんなに良いプレーはできなかったけど、良いアップ&ダウンを17番、18番でできたからね。おかげで70で切り抜けられたよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!