ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 ノーザントラストオープン
期間:02/04〜02/07 リビエラCC(カリフォルニア州)

【GDO EYE】PGAは新溝ルール問題で混乱中!

今季PGAツアー5戦目となる「ノーザントラストオープン」で、一番ホットな話題と言えば、今年から導入されたウェッジの溝規制について。1990年4月1日以前に製造された。Ping Eye2ウェッジは、1990年にUSGAと、また1993年にPGAツアーとの訴訟に勝訴した経緯がある為、新しい溝規制に合致してはいないものの、ツアーで使用することは認められている。

先週で4戦目を終えたPGAツアーでは、その4大会で218名の選手がプレーをし、その中の5人の選手がPing Eye2ウェッジを使っていた。その中に、ショートゲームの名手、フィル・ミケルソンが居たことで、事態は大きな展開を見せる。

スコット・マッキャロンがミケルソンのことを「不正だ」と非難。その後、今週に入ってマッキャロンはミケルソンに謝罪し、ミケルソンもこれを受け入れたことで2人の問題は収束。途中でPGAツアーがミケルソンのやっていることは何らルール違反ではないと弁護する場面もあった。

しかし、このウェッジを使うことが果たして良いことなのか?もちろん、ルール上は問題ないが、PGAツアーのチェアマン、ティム・フィンチェムによると、昨年までのウェッジのスピン性能を100としたら、Pingのウェッジは60。新ルールに適合したものは50という値で、約20%の違いは依然としてあるという。

パトレイグ・ハリントンは「フェアウェイからは変わらないが、ラフから打つと明らかに違いがある」と指摘。今週もPingの古いウェッジを引っ張り出してテストしており、試合でも使う可能性を否定しない。

昨夜、プレーヤーミーティングを行ったというフィンチェム。現時点では有効な解決には至っていないが、Ping社のCEO、ジョン・ソルハイムとの継続的な話し合いを通して、契約文書の変更も視野に入れているという。

頼るべきは公正の理念。そもそも、フェアウェイキープの重要性をアップさせようと目論んだルール改正だったが、その論争は未だ深いラフの中といったところだ。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ノーザントラストオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。