ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

すでに2006年「全米オープン」開催コースで論議

USGA(全米ゴルフ協会)は、2006年の「全米オープン」開催コース、ウィングドフット・ウエストでのコース・セッティングをすでに話し合っている。焦点となっているのはラフの深さ。エグゼクティブ・ディレクターのデビッド・フェイがザ・ゴルフ・チャンネルに伝えた情報によれば、ラフはかなり深くなり、また短めのパー4ではさらに深さを増す予定であることも明かした。特に、6番パー4(324ヤード)では他のホールに比べ8インチ伸ばすとしている。デビッド・フェイの言葉を借りれば「イアン・ウーズナムの腰の高さくらいまで伸ばす」とのこと。

一方で、今季の「全米オープン」で優勝スコアがパープレーの通算280であったことに対し、USGAが世界のトッププレーヤーたちを辱めているのではないかという批判もある。今までに「全米オープン」がパープレー以上の優勝スコアだったことは、1978年大会まで遡る。アンディ・ノースが通算1オーバーで優勝した1978年大会は、今年の「全米女子オープン」が開催されるチェリーヒルズでの試合だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。