ニュース

米国男子ベイヒルインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ベイヒルインビテーショナル
期間:03/17〜03/20 ベイヒルGC&ロッジ(フロリダ州)

タイガー、プロアマでNFL選手相手に本気!?「大人げないよね」

ベイヒルインビテーショナル

例年通り、大会ホストのアーノルド・パーマーによる始球式で豪華な顔ぶれのプロアマ戦が始まった。ビッグ3のタイガー・ウッズビジェイ・シン、そしてアーニー・エルスが出揃った今年の「ベイヒル」は開幕前から盛り上がっている。

注目度が高まっている「ベイヒル」だが、プロアマ戦は和やかなムード。伝説のメジャーリーガー、ヨギ・ベラやロジャー・クレメンスも腕前を披露。

ヨギ・ベラ
「クレメンスの奴、ハンディをごまかしているんだ。本当はもっと上手いんだよ。でも俺に負けたくないらしい。卑怯な奴め(笑)」

ロジャー・クレメンス
「僕がハンディをごまかしているだって?そんなわけないだろう。でも僕はレギュラーティ、あちらはシニアのティだからね。毎回負けているんだから、ちょっとくらいハンディを増やしてくれてもいいよね?」

タイガーのパートナー、1番組を引き当てたのはNFLのスーパースター、ペイトン・マニング(インディアナポリス・コルツのクォーターバック、04-05年MVP)。長年の友人でもある2人だが、一緒にプレーしたのははじめて。マニングによれば、タイガーはとても丁寧に指導をしてくれて楽しい時間を過ごせたみたいだが、上がり6ホールだけ両者の間に緊張感が走ったという。

ペイトン・マニング
「実はあがりの6ホールで賭けはじめたんだ。そうしたらいきなりパットのラインも教えてくれなくなったんだ。あいつの闘争心はすごい。素人相手に本気になるんだもん。大人気ないよね。でもすごいんだよ」

タイガー・ウッズ
「どっちが勝ったかって?考えれば分かるだろう」

タイガーは最終ホールをバーディとして、マニングとの勝負は勝ったものの、2人のヒートアップした戦いはそこで終わらず 、タイガーは自宅のあるアイルワースにマニングを招待し更に18ホール一緒にプレーしたという。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 ベイヒルインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。