ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ビジェイのキャディが辞めた理由「ただの重労働だった」

去年1,100万ドル近くを稼いだ世界No.1ビジェイ・シンのキャディーを務めていたのはスコットランド出身のデーブ・レニック。賞金の10%をもらっていたとしたらレニックは110万ドル(約1億1200万円)を手にしていたことになる。

そんなレニックがビジェイのキャディを辞めたという。「練習の虫」ビジェイと行動を共にすることに疲れてしまったとのこと。レニックは「ビジェイは今でも友人だが彼のために働くことは楽しくなかった。大金を手にすることはできたとはいえ練習ラウンドの時さえ楽しむことができず、ビジェイに尽くすことはただの重労働だった」と、語った。

◇2006年ライダーカップの副キャプテンが決定◇
2006年のライダーカップ米国チームキャプテンにはトム・レーマンが選出されたが、この度コーリー・ペイビンローレン・ロバーツの2人が副キャプテンに選ばれた。ペイビンはライダーカップに3回出場し、戦績は8勝5敗。一方、ロバーツは1995年に唯一の出場を果たし戦績は3勝1敗。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。