ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ザ・ホンダクラシック
期間:03/01〜03/04 場所:PGAナショナルGC(フロリダ州)

上位選手にインタビュー!/ザ・ホンダクラシック初日

PGAナショナルは厳しいコンディションに見舞われ、初日を終えた現在、予想カットラインは3オーバーとなっている。強風が吹き荒れた中、無名のチャーリー・ウィが5アンダーをマークしてトップに立ったことは、驚異的とも言える。一方、ロバート・アレンビーベルンハルト・ランガーのベテラン2人は、経験をフルに活かして上位につけている。

ロバート・アレンビー
「今日のプレーには満足です。まだあと3日残っていますから、油断できませんけどね。ショットもパットも好調なので、先のことは考えず、一日一日を大切にしてプレーに集中するつもりです。2006年まで不振のどん底にいたので、今年こそ良い年になると思っていましたが、やっと全てがうまく噛み合うようになり、それが結果に表れるようになりました。これからが楽しみですね」

ベルンハルト・ランガー
「とても難しいコンディションでした。風がなければ7アンダーや8アンダーをマークできるでしょう。コース・セッティングはフェアですが、風が強いとタフですね」

記者
「87年の“全米プロゴルフ選手権”が行われた時と比べてどうですか?」

ベルンハルト・ランガー
「はるかに難しいコースになったと思います。87年も簡単ではありませんでしたが、あれから距離がかなり伸びましたね。私達の飛距離も伸びたとは言っても、今日は“全米プロゴルフ選手権”の時は考えられなかったほど長いクラブでグリーンを狙ったことがありました。20年前よりもウッドを使ったと思いますよ」

チャーリー・ウィ
「月曜日と火曜日の練習がうまくいき、ショットがあまりにも良かったので、水曜日はボールを全く打ちませんでした。まだ初日が終わっただけとはいえ、ショットに自信があるので、残り3日間が楽しみです。優勝するためには、常に上位につけなければいけません。トップから離されない限り、落ち着いてプレーできますからね。最初の何回かはトップ争いをしても苦しいものですが、それは成長する上で当然だと思っています。私達はその苦しみを克服して優勝するために、必死に練習しています。今日、トップに立てて嬉しいですね。明日はスタートの時、少し緊張すると思いますが、競技では当たり前のことですし、明日からの挑戦が楽しみです

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!