ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

4日間戦ったアマ世界1位の中島啓太「ここが自分のスタートライン」

2022/01/18 07:42


◇米国男子◇ソニーオープンinハワイ 最終日(16日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

実力が試されるコースへの恐怖心が勝り、メンタル的な弱さが出て悔しさを味わって迎えた最終日。アマチュア世界ランキング1位の中島啓太(日体大3年)はたかぶる気持ちを抑えながら第一打を放って歩き出した。「昨日の悔しい思いをしっかり込められた」と最後は5バーディ、2ボギーの「67」でプレー。通算10アンダー41位で米国でのPGAツアー初戦を終えた。

<< 下に続く >>

出だしで2.5mを沈めてバーディ、4番でボギーを喫して前半をイーブンとしたが、サンデーバックナインに入ると10番、11番でバーディを奪ってスコアを伸ばしていった。12番で177ydからのセカンドで果敢に攻めて3m強につけたが、これを決めきれずにパー、13番はアプローチで寄せられずボギーとした。「まだまだ甘いところ」はあるが、トップレベルの舞台でアンダーパーで終えたのは自信になった。

大会を終えて、「自分にできることだけをやろうと思っていたんですけど、まさか予選通過できて、こんなに楽しく大会を終われると思っていなかった。この試合が自分のスタートラインだと思っているので、ステップアップしていけるように自分のできることを頑張っていきたい」と総括した。

予選を通過して戦える力があることはわかったが、まだ米国では1試合をこなしただけ。ラフの芝質やグリーン形状がさまざまなコースがあり、そこでトップ選手と戦うためにも「心技体ともに強くならないと戦えない。何かが足りなければ全然通用しないと思う。松山(英樹)さんのように自分をしっかり持って、強い選手になりたい」と思いを新たにする。

次に控える試合は現時点では4月の「マスターズ」になる。まずは帰国して自主隔離をしたのち、所属するナショナルチームの合宿に参加する。「そこでしっかりチームとして自分もできることをしっかり後輩に見せて、自分はマスターズに向けて100%の準備をしていきたい」と次なるチャンスに照準を合わせる。

4日間、中島のバッグを担いだクリス・ジョーンズ氏は日本人選手を担いだのは今回が初めてだという。「彼はとても堅実で、穏やかな性格。リアクションをしすぎず、でも心をオープンにして分からないところがあればちゃんと聞いて理解しようとする。PGAに来る日が楽しみだよ」と若人の活躍に期待を寄せた。(ハワイ州ホノルル/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!