ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

「打つのが怖かった」 中島啓太はムービングデーの後退に涙

2022/01/16 15:56


◇米国男子◇ソニーオープンinハワイ 3日目(15日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

「きょうほどボールを打つのが怖かったり、アドレスをするのが怖かったりした日はないと思います」。米国でのPGAツアーに初出場の中島啓太(日体大3年)は1バーディ、3ボギーの「72」でプレー。9アンダー5位から通算7アンダー39位に後退した。

<< 下に続く >>

前日まで良かったショットはこの日も「自信」があった。何かを変えたわけではなかったが、前夜にヤーデージブックにメモしたピン位置を見て「難しいのは分かっていて、耐えるのに必死だなというプランだった」と心の準備はできていたつもりだった。

出だし1番では手前にバンカーが広がっている中で、グリーン左6yd、手前5ydほどのピンポジション。2番も右サイドが浅い中で右から4ydの奥にカップが切られ、“辛口”だった。パーでしのぎながらも、5番(パー4)でティショットを左に曲げてボギーを喫した。

リーダーボードに流れるほかの選手たちのスコアは伸びているのに対し、中島は「不安というか、怖くてピンを攻められなかった」という。ギャラリーからの声援は英語でも、日本語でもかけられたが「心理的なところでちょっと耐えきれなかった」と悔しさを見せた。

「まだまだ自分の基準が低いと思いますし、心理面でも強くならないと3日目でもスコアを伸ばせないと感じました。きょう悔しい思いをしたので、その思いをボールに込めて最後まで出し切りたいなと思います」

ラウンドを振り返り「特にセカンドショットは…怖かった」という言葉とともに出た涙を、次なる成長につなげたい。世界の舞台での経験はまたひとつ増えたのだから。(ハワイ州ホノルル/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!