ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

“因縁のライバル”対決でケプカ圧勝 デシャンボーは1ホールも奪えず

米ワーナーメディア傘下のターナースポーツのイベント「ザ・マッチ」の第5弾として26日、ネバダ州ラスベガスのウィンGCでブルックス・ケプカブライソン・デシャンボーが対戦。“犬猿の仲”とも言われてきた2人の12ホールマッチは、ケプカがデシャンボーに1ホールも譲ることなく4&3(3ホール残して4アップ)で圧勝した。

デシャンボーのかつてのスロープレーを発端に、SNSや試合会場で過激なファンを巻き込む騒動に発展していたバトル。9月に行われた欧米選抜の対抗戦「ライダーカップ」では大勝後の会見の最後に、2人がハグをする場面が話題になった。

<< 下に続く >>

フィル・ミケルソンがコメンテーターを務めたこの日、1番ティからデシャンボーがケプカの写真を貼り付けたカップケーキをファンにおすそ分け。ケプカが初優勝した2015年「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」のスタートアナウンスで「Koepka」のラストネームが「Cupcake(カップケーキ)」と誤読されたことをいじる“心理戦”を展開した。

いきなりの揺さぶり?にも動じることなく、ケプカが2番で3mを沈めるバーディを奪って先行。デシャンボーがビッグドライブを披露した5番(パー5)も、ティショットを危うくクリークに入れそうになりながら2オン。2パットのバーディでリードを広げた。

6番(パー3)、8番も獲って4アップとし、9番(パー3)で手前の池近くに切られたピンに絡めるショットを見せると、「まさに今が僕にとってメジャーみたいなものだ」とニヤリ。キャリア8勝のうちメジャータイトルが4勝を占めるケプカならではのコメントを添え、デシャンボーに引導を渡すバーディとなった。

ライバルに完勝し、「ここに来て決着をつけることができて楽しかった。正直言って、彼をやっつけてやりたかったんだ」と満足げな表情。さらに「フィル、今どんな気分?」と戦前にデシャンボーの勝利と予想したミケルソンをいじって企画を盛り上げた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!