ニュース

米国男子シュライナーズチルドレンズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

復調ウルフが2位で最終日 直近の“プレーオフ・リベンジ”成功は日本人選手

◇米国男子◇シュライナーズチルドレンズオープン 3日目(9日)◇TPCサマリン(ネバダ州)◇7255yd(パー71)

苦い記憶があるとはいえ、マシュー・ウルフにとってTPCサマリンが得意コースであることには変わりない。2019年大会の初日から当地では11ラウンド連続で60台をマーク。平均スコアは驚異の「66.0」。首位に1打差、通算17アンダーの2位で3日目を終えた。

<< 下に続く >>

前年大会は2打差を追いついた最終日に、オースティン・クックを交えた三つどもえのプレーオフでマーティン・レアード(スコットランド)にタイトルを譲った。惜敗しながら「ここは居心地がいい」と言える要因は、ここ最近の復調を感じてもいるから。

前週の「サンダーソンファームズ選手権」初日から毎日アンダーパーを継続。今週は「いくつかのホールでティショットにストレスがかかるけれど、3Wをはじめとしたクラブでフェアウェイをとらえている。前半に良いスタートができなくても、バーディやイーグルを取れるホールがあることを考えると、落ち着いてプレーできる」と自信満々だ。

2019年にプロ入り3戦目にして初優勝をマークしたウルフは、22歳になった今年の前半戦は乱調だった。春先までに棄権が2回。不振のあまり、ラウンド中に頭を抱えるシーンも見られた。4月「マスターズ」では過少申告のスコア誤記で失格。精神面のケアのため、5月から約2カ月にわたって休養した。

今は「自分のゴルフに自信がある。パットもチップも全てのスキルにおいて、しっかりしている。あしたがすごく楽しみ」と言える。

PGAツアーによると、プレーオフで敗れた選手が翌年の同じ大会で優勝した直近の選手は2008年「AT&Tクラシック」での今田竜二。前年ザック・ジョンソンに競り負けたが、ケニー・ペリーとの延長戦を制して初優勝を飾った。(ネバダ州ラスベガス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 シュライナーズチルドレンズオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!