ニュース

米国男子シュライナーズチルドレンズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「しっくりこない」松山英樹 白昼の居残りでウェッジ“特打ち”

2021/10/10 09:57


◇米国男子◇シュライナーズチルドレンズオープン 3日目(9日)◇TPCサマリン(ネバダ州)◇7255yd(パー71)

時計の針が正午を指す前、上位争いを控えた選手たちが続々と会場入りする。彼らがスタートに向けたウォーミングアップを開始したドライビングレンジ。端の打席に陣取った松山英樹のこの日の打ち込みは、既にプレーを終えた後の居残り練習だった。

<< 下に続く >>

短いクラブを持ち、丁寧に身体とクラブの動きを確認していく。ハイスピードカメラが搭載された弾道計測器に時折、目をやりながら何度もひねる首。両腕を固定するベルトを上腕に巻き、上半身の動きを矯正してスイングをする。途中、トイレ休憩を挟んで、ウェッジの練習をいったん終えるまでには1時間27分かかった。

「アドレスからしっくりきていない」。まだ人もまばらだった午前7時過ぎ。前日の後退により5アンダーの57位、トップから4組目のスタートになったムービングデーもショットが整わなかった。前半アウトでバウンスバックが2回あったが、スコアを伸ばし合うコースでそれは苦戦を意味する。

「距離感が合わないというか、前半は結構(ショットが)ショートして、イメージ通りにいかない感じで難しかった」とチャンスをなかなか演出できない。「何を試してもうまくいかない」。その後のバーディは9番、16番のパー5の2つだけ。いずれもアイアンショットで2オンを逃し、チッピングで拾ったものだった。

せめてアンダーパーでのフィニッシュが期待された、4時間弱のラウンド。最終18番をダブルボギーにして、それもかなわなかった。残り123ydから、グリーン手前側の狭いエリア切られたピンを攻めた第2打は左の池に転がり落ち、4オン2パット。「71」でスコアを前日の5アンダーから動かせず、63位に沈んだ。

オフにした2週間の調整が結果につながらなかったことで、精神的なダメージは大きい。「ちょっとしたことが積み重なって、いまグダグダになっている」。練習場でいっとき、1Wを握ったが、持ち直したウェッジでまたスイングを続けた。クラブをキャディバッグに収めたのは午後2時前。後方でずっとサインを待っていた小さな男の子たちに、使ったばかりのグローブとボールをプレゼントして車に乗り込んだ。(ネバダ州ラスベガス/桂川洋一)

2021年 シュライナーズチルドレンズオープン 3日目 ハイライト
2021年 シュライナーズチルドレンズオープン 3日目 ハイライト
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 シュライナーズチルドレンズオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!