ニュース

米国男子ザ・ノーザントラストの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ザ・ノーザントラスト
期間:08/19〜08/22 場所:リバティーナショナルGC(ニュージャージー州)

「悔しかった」オリンピック欠場 ラームが2度目陽性から復帰戦

◇米国男子プレーオフ第1戦◇ザ・ノーザントラスト 事前(17日)◇リバティーナショナルGC(ニュージャージー州)◇7410yd(パー71)

世界ランキング1位ジョン・ラーム(スペイン)が米国でプレーするのは、優勝した6月「全米オープン」以来となる。直前「ザ・メモリアルトーナメント」で3日目に6打差首位に立ちながら、新型コロナウイルス陽性と判定されて棄権を余儀なくされた2カ月前。陽性判定からの復帰戦という点では今回も同じシチュエーションだ。

<< 下に続く >>

2度目の陽性では「東京五輪」を欠場することになり、「メモリアルのときよりも受け止めることは難しかった。悔しいよ。自分のためではなく、母国のためにメダルを獲りたかった」と胸中を明かす。

7月「全英オープン」を終え、同22日から3日連続で受けたPCR検査で最後に出た陽性判定。3日目に再び受けた検査でも陽性だったが、さらに翌日から2日間の検査では陰性だった。それでも、日本への渡航はかなわなかった。「何が起こったのか、うまく説明できない。偽陽性だったのか、1回目に発症したときのウイルスの死骸が残っていただけなのか…」

症状もなく、モヤモヤは募ったが「僕の身近にいた人たちが苦しんでいることを知っている。だから、僕は新型コロナを軽く見るつもりは全くない」とも言った。

当初のスケジュール通り、オリンピック翌週の「WGCフェデックスセントジュード招待」もスキップして臨むプレーオフシリーズ。「肉体的にも精神的にも、ほかの人より休めているのは強みになるかもしれない。ここから3週間、年間王者になれるように頑張るよ」と気合をみなぎらせた。(ニュージャージー州ジャージーシティ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・ノーザントラスト




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!