ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ウィンダム選手権
期間:08/12〜08/15 場所:セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

“ポイントランク26位”でもシーズン終了? ザラトリスは勝つしかない

◇米国男子◇ウィンダム選手権 3日目(14日)◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7131yd(パー70)

多くの選手がプレーオフシリーズ進出へ最後の望みをかけるレギュラーシーズン最終戦。ウィル・ザラトリスも“勝つしかない”という困難なミッションに挑んでいる。

<< 下に続く >>

「失うものは何もないんだ」と話す24歳が置かれた状況は少し特殊だ。コロナ禍で昨季中断を余儀なくされたツアーは2019-20年シーズンの出場資格持ち越しを決定。それに伴い、下部ツアーをランキング8位で終えたザラトリスらの昇格も見送られた。

それでも昨年9月の「全米オープン」で6位に入るなどの活躍で「スペシャルテンポラリーメンバー」となり、PGAツアーの出場機会を確保。4月「マスターズ」では松山英樹に次ぐ2位、5月「全米プロ」でも8位とメジャーで立て続けに好成績を収めた。

ここまで稼いだ1270ptはポイントレース26位相当の数字。30人のみのエリートフィールド「ツアー選手権」も目指せるポジションのはずだが、あくまで正式なメンバーにはなっていないため、優勝しなければプレーオフシリーズに進むことすらかなわない。

大会前にはウェブ・シンプソンが「選手を代表して話をしてきたが、全員が彼をプレーオフに出場させるべきだと思っている。ツアーが間違っているとは言わないけど、見直す必要のある部分だとは思う。ウィルは来週(プレーオフシリーズ初戦の舞台)ニューヨークにいるべきだし、勝たない限り行けないというのは残念だ」と改めて声を上げたほどだった。

この日はボギーなしの1イーグル3バーディ「65」で、通算9アンダー15位まで浮上。「2位で終わっても何の意味もないんだ」と冗談めかし、「失うものがないゴルフは楽しいよ。チャンスがあるのなら、それをつかまなくちゃいけない」と続けた。首位とは6打差。ラスト18ホールに全てをかける。(ノースカロライナ州グリーンズボロ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!