ニュース

米国男子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

パリ、セントルイス、リオ、東京 五輪男子ゴルフ競技を振り返り

2021/08/02 17:25


東京五輪 男子最終日(1日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇男子7447yd(パー71)

五輪男子ゴルフ競技は東京大会で4度目の開催。1900年パリ(フランス)で始まり、1904年セントルイス(米国)、2016年リオ(ブラジル)と続いてきた。過去の大会を振り返ってみた。

<< 下に続く >>

■1900年 パリ五輪

初めてゴルフ競技が採用され、男女の個人競技2種目で争われた。男子は36ホールのストロークプレー。チャールズ・サンズ(米国)が金メダルを獲得し、ウォルター・ラザフォード(英国)、デビッド・ロバートソン(英国)と続いた。サンズはゴルフだけでなく、テニス競技にも出場していた。

■1904年 セントルイス五輪

男子の個人競技と団体戦の2種目。女子は競技から外れた。個人競技は前回のストロークプレーからマッチプレーに形式変更。ジョルジュ・リヨン(カナダ)が金メダルを獲得し、チャンドラー・イーガン(米国)が銀、バート・マッキニー(米国)とフランシス・ニュートン(米国)の2人が銅メダルを獲得した。団体戦は米国が金、銀、銅を独占した。

■2016年 リオ五輪

1904年セントルイス以来、112年ぶりにゴルフが復活。男女それぞれ72ホールのストロークプレーで争われた。日本のエースとして期待されていた松山英樹は、当時ブラジルで流行していたジカ熱などを懸念して出場を辞退した。日本男子は池田勇太片山晋呉が出場し、池田は21位、片山は54位に終わった。

ジャスティン・ローズ(英国)が金メダルを獲得、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が銀、マット・クーチャー(米国)が銅と続いた。

■2020年 東京五輪

コロナ禍のため、1年延期された東京五輪。埼玉・霞ヶ関CCで開催され、日本勢は松山英樹星野陸也が出場した。松山英樹は1打差2位で最終日を出て「69」。通算15アンダーの3位で並び、銅メダルをかけた7人によるプレーオフを戦ったが、1ホール目でパーを拾えず脱落し4位に終わった。星野は38位。

3年後の2024年パリ五輪でもゴルフは採用される。2018年に欧州選抜と米国選抜の対抗戦「ライダーカップ」も開催されたル・ゴルフナショナルで争われる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!