ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹のオーガスタナショナルGCコースガイド/12番(パー3、155yd)

2021/04/02 19:36


ゴルフの祭典「マスターズ」は4月8日(木)に開幕する。今年で10回目の出場となる松山英樹が会場のオーガスタナショナルGCの全ホールを解説。「世界一有名なパー3」と言っても過言ではない12番に迫った。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<< 下に続く >>

近年では2016年にジョーダン・スピースが「7」、20年にタイガー・ウッズが「10」をたたいた。マスターズの最終日にはわずか155ydのパー3で何かが起こる…。グリーンの手前にレイズクリーク(小川)が流れる12番は数々のドラマを演出してきた。

「距離自体はティからグリーンの左手前エッジまでで142yd。右手前でも154yd。プロゴルファーであれば9番、PW、さらい短いウェッジで打つこともある」

それほど短いホールを難解にしているのが、上空の風だ。「このホールは左隣の11番からの風と右隣の13番からの風がちょうどぶつかるところ。アドレスをとったときにフォローが吹いていたとしても、打った瞬間にいきなりアゲンストに変わることがある、判断が本当に難しい」

小川をクリアしても、グリーンの奥にも外したくない。松山は独自の視点で厄介なゾーンを指摘した。「奥のバンカーからのショットが特徴的。バンカーとグリーンとの間(短いラフ)が3、4ydある。バンカーショットがこのエリアに落ちると止まってしまいやすい。でも、直接グリーンに落ちると、下り傾斜で小川まで転がり落ちてしまう可能性がある。バンカーのすぐそばにグリーンがあれば、距離を出さずにスピンをかけたショットが打てるのに…」

距離のないパー3でも、ここでは「欲」との戦い。「ティショットでとにかくグリーンをとらえることが先決。タイガーは19年に優勝したときは、手前のバンカーのラインに打つセオリー通りの攻め方をした。そこから、右サイドのカップに対して12m近いバーディパットを打って、確実にパーを取った。それが一番安全」。慎重さこそがモノをいう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!