ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹のオーガスタナショナルGCコースガイド/11番(パー4、505yd)

2021/04/01 19:33


ゴルフの祭典「マスターズ」は4月8日(木)に開幕する。今年で10回目の出場となる松山英樹が会場のオーガスタナショナルGCの全ホールを解説。11番から世界で最も有名な連続する3ホール、“アーメンコーナー”に入る。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<< 下に続く >>

オーガスタナショナルGCの南側に位置し、“神に祈る”気持ちで立ち向かうキーポイント。松山も「アーメンコーナーは大変です」と警戒心でいっぱいだ。

入り口の11番は18ホールのうち最も距離が長いパー4。500ydを超えるため、ティショットの精度がまず問われる。「1Wショットがうまくいくと、グリーンのフロントエッジまで170から180ydくらいの2打目を打てる」。それでもピンまでは200yd前後になる。

フェアウェイの左サイドはしっかりラフがあるだけでなく、2打目でグリーン左手前の池が視界に入る。とくに、ピンが池に近い左サイドに立っているときはプレッシャーがかかる」

右サイドは林。実は“秘密のルート”があるとかで…。「タイガー・ウッズがよく右に曲げるんですけど、林を越えたところにグリーンが見える隙間がある。2019年に優勝したときもそのエリアから2打目を打っていました。でも、“中途半端な曲げ方”じゃ木々の中に入ってどうにもならないので狙いはしません(笑)」

2打目が左右のラフからの場合、グリーンをキャッチするのが難しい。その際、気をつけるべきなのが「グリーンの手前30ydくらいにある、大きな“こぶ”」だという。「ここにボールが当たると、左の池に入るリスクがある。越えれば、まっすぐ前に飛んでコレクションエリアに行って、次のアプローチで寄せられるんですが」

グリーンは基本的に池に向かって下っているため、ショートゲームは繊細さが必要。「ティショットをフェアウェイキープしてグリーンのセンターにセカンドを置ければもう100点」。ここでのパーはもちろん優れたスコアだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!