ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹のオーガスタナショナルGCコースガイド/10番(パー4、495yd)

2021/03/31 19:31


ゴルフの祭典「マスターズ」は4月8日(木)に開幕する。今年で10回目の出場となる松山英樹が会場のオーガスタナショナルGCの全ホールを解説。第1打で左に大きく曲げるボールが求められる10番がバックナインのはじまりだ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<< 下に続く >>

かねてオーガスタでは「ドローボールが必要」(右打ちの場合)とされてきた。選手個々のパワーアップや道具の進化により傾向は都度変化しているとはいえ、この10番ではいまも、ボールが左回転するショットを披露しなくてはいけない。

打ち下ろしの第1打で左からの木々が目に入る。これを避けるように大きなドロー、フックを打っていく。1Wでなく、あえて3Wでボールを曲げに行く選手も多い。

「ティイングエリアから250yd地点で急激に下りになる。木の向こう側、傾斜を下った左サイドのエリアが2打目で平らになるので、そこを狙っていく。フェードボールでは絶対にそこには行かない。木々のギリギリ右横を狙ったストレートボールでも、2打目は右サイドから。ライはつま先上がり、左足下がりになる」

全体傾斜が右から左に下るグリーンを狙うにあたり、まずは右サイドの「ちょっと面倒くさい」バンカーは避けたい。そのため「左に逃げやすくなる」が、第1打も、第2打も左に行きすぎると松の枯葉が敷き詰められた林まで転がってしまうので注意が必要だ。

とにかくティショットでいいドローボールを打って、距離も280yd以上は稼ぐこと。そうすればフロントエッジまでの残りが160ydほどになる。一番奥のピンで手前のエッジからは25yd。2打目を185ydくらいで打てる。パットは右から左に向かってメチャクチャ速いので、“ピンの真下”につけたい」

プレーオフの2ホール目に設定されており、バッバ・ワトソン(2012年)やアダム・スコット(13年)がグリーンジャケットを掴んだホールとしても多くの人の記憶に残っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!