ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

これぞ“サヨナラホールインワン” ガルシアがグループ突破決める

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 3日目(26日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

4人で総当たり戦を行うグループリーグは、トップの選手が勝ち点で並んだ場合、サドンデス方式のプレーオフで決勝トーナメントに進出する各組1位を決める。グループ8のセルヒオ・ガルシア(スペイン)はなんとホールインワンで決着をつけた。

<< 下に続く >>

ガルシアはこの日の第3マッチでマット・ウォレスに3&2で敗れ、リー・ウェストウッド(ともにイングランド)との2勝1敗同士のプレーオフに。迎えた4ホール目、西日に向かって放たれた17番(パー3)でのティショットはピン奥1mからカップに吸い込まれた。

「本当になんて言ったらいいか分からない」と驚くばかり。この日は左足に痛みが出て、ウォレスとのマッチの最中に痛み止めを飲むほどだった。「もちろんすごくうれしい。でもなんだかリーには申し訳ない気持ち。でも、どちらかが負けなくてはいけなかった」。41歳と47歳。ともに「ライダーカップ」のチームメートとして鳴らした間柄ともあって、喜びにも様々な感情が入り混じった。

ウェストウッドは試合後、自身のツイッター@WestwoodLeeで「いやあ、28年ツアーにいてすべてを見てきたと思っていたけど、そんなことなかった」と勝者をたたえていた。(テキサス州オースティン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!