ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/04〜03/07 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

「リズムはだいぶ安定」松山英樹はパットに“光”

2021/03/07 08:03


◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待 3日目(6日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

優勝争いからは遠い位置でも、松山英樹には前進の跡があった。1オーバー53位タイから出て、1イーグル3バーディ、2ボギーの「69」。本調子でなくとも安定感のあるプレーを見せ、通算2アンダーとして35位タイに順位を上げた。

<< 下に続く >>

ムービングデーのハイライトは6番(パー5)。前日グリーン周りから見事なロブショットを見せたホールで、今度は長いスーパーショットを見せた。残り219ydの第2打を5Iでピン手前4mにピタリとつけてイーグルを演出。「結構、ミスヒットが“結果オーライ”でグリーンに乗ったり、フェアウェイにも行ったりしたのが、きょうは多かった」、「(ピンに)めちゃくちゃ近いショットもなかった」という中では、数少ない思惑通りの一打だった。

後半が進むにつれて、コースには雨粒が落ちた。13番以降はパットをショートさせるシーンが多く、「雨が降って遅くなったというよりは(グリーンが)速く見えて、打ち切れていない。どうしても去年のイメージが残っている」と思わず天を仰いだ。バックナインのバーディはパー5の12番、16番だけ。「きのうまでに比べたら悪いところは減ったと思うけれど、もう少し伸ばせた感じはある」と欲は隠さなかった。

今週はグリーン上でのストレスが軽減されている様子がある。カップからわずかにそれるパットが多く、ストローク・ゲインド・パッティング(パットのスコア貢献度)部門でここ3日は「-0.185」(69位)、「-0.138」(67位)、「+0.124」(36位)と連日、中位にいる。パーオンホールでのパット数65は11位。「リズムはだいぶ安定してきたので、あとは構えがうまくしっくりくれば」と“しっくり”くる感触がある。

「もう少し安定してできるようなきっかけがあると思うので、それが見つかれば」。ホールアウト後のパッティング練習でも笑顔が多くのぞいた。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!