ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2年1カ月ぶり「シルバーコレクター」返上なるか シャウフェレが最終組で93年生まれ対決

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 3日目(6日)◇TPCスコッツデール (アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

ザンダー・シャウフェレがツアー5勝目を懸けて、通算18アンダーで首位に並ぶジョーダン・スピースらとの終日最終組でティオフする。

<< 下に続く >>

第3ラウンドは7バーディ、1ボギーの「65」でプレー。「安堵と達成感でいっぱいだよ。僕が求める、コンスタントなプレーをできた。だから興奮している。明日はジョーダンと徹底的に向き合いたい」と目をギラつかせた。

最後の優勝は、2019年1月の「セントリートーナメントofチャンピオンズ」までさかのぼる。昨季は2位が3回、今季は前週まで6試合に出場し2位、5位、17位がそれぞれ2回。勝てば、2年1カ月2日(764日)ぶりとなる。

スピースと同じ1993年生まれの27歳。スピースが19歳で初優勝を飾ったのに対し、シャウフェレが初タイトルに輝いたのは23歳だった。「ジョーダンはいつも僕よりうまくて、正直に言うとあんまり彼のことを意識していなかったんだ。ただ彼の名前を知っている、その程度だった」

ただ、メジャー3勝を含むツアー11勝のスピースは3年半にわたって勝利から見放され、成績も低迷していた。シャウフェレは常に上位を争う存在で、現在の世界ランクはシャウフェレが4位、スピースは92位だ。

2人は2018年「全英オープン」でも同じく首位に並んで最終日最終組を回ったが、シャウフェレは「74」、スピースは「76」と崩れ、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)に勝利をさらわれた。

シャウフェレは「明日のラウンドは楽しくなると思うよ。やろうとしていることは二人とも同じで、僕たちはともに証明すべきことがたくさんある。彼はキャリアの中で多くのことを成し遂げてきている。僕はまだ前に進もうとしているし、彼が短期間で成し遂げてきたことをしていくつもりだ」と力を込めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!