ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

バッバ・ワトソンをアウトドライブ 小平智「景色も番手も変わる」

2021/02/07 09:47


◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 3日目(6日)◇TPCスコッツデール (アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

最終9番、小平智の1Wショットは335ydを計測した。同組は“曲げて攻める”が代名詞の個性派レフティ、バッバ・ワトソン。「向こうは30ydくらいスライスさせてましたけど、一度回ったときは、あれだけスライスを打っていても(飛距離で)勝てていなかった。キャディとも『サトシ、できるようになったね』って話してたんですよ」と笑った。

<< 下に続く >>

確かな変化を感じられるアウトドライブに、少しだけ口元が緩む。3サムのもう一人、イム・ソンジェ(韓国)とは昨年大会で練習ラウンドを一緒に回り「20ydくらい置いていかれた」記憶もあるだけに、実感が増すというもの。

今週からバッグに入れたタイトリスト TSi3 ドライバーの貢献も大きな手応えだ。「景色も変わるし、番手も全然違う」。バンカーを越えたグリーン手前から5ydというシビアなピン位置に対して狭いエリアへ落とし、「8番とか7番(アイアン)を持っていたら、あそこには打てない。マネジメントも変わってくる」と56度のウェッジで放った一打に胸を張った。

だからこそ5バーディ、2ボギーの「68」にも欲が出てくる。「ちゃんとそれを生かして、もっとビッグスコアを出したい」。飛距離の進化をスコアメークにどれだけ直結させられるか。通算6アンダー36位から出る最終日へ、前のめりで挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!