ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「A評価じゃないけど…」スピース浮上に高まる期待

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 2日目(5日)◇TPCスコッツデール (アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

かつての世界ランキング1位、ジョーダン・スピースは現在92位と低迷が続く。今週の結果次第では、トップ100から外れる可能性すらあった。

<< 下に続く >>

19歳だった2013年「ジョンディアクラシック」で初優勝して以来キープしてきたポジションも危うい状況で、連日の「67」をマーク。首位と4打差の通算8アンダー8位に浮上し「確かに100ではないし、自分の中で“A(評価)”のゲームをしているとは思えない。でも、いい方向に進んでいるし、長い間で(週末への自信は)一番高いと思う」と言った。

初日はわずか2ホールだったフェアウェイキープが10ホールに。グリーンは2ホールしか外さなかった。出だし10番でバーディを奪い、13番(パー5)からは3連続。後半3番(パー5)で10mのイーグルパットを沈めると、久々にコースへ戻ってきたギャラリーが一気に沸いた。

「いまは結果よりもフィーリングが大事なんだ。今週、ドライバーでちょっといい感じのドローボールが打てている。フェードも良かった。いいショットを続けていくことだね」。本人が足元を冷静に見つめる一方、復活への待望論は高まる。

スピースについて聞かれた53歳のスティーブ・ストリッカーは「2014年、15年のような数字を毎年残せると勝手に期待してしまうのはフェアじゃない。彼は才能にあふれ、技術があり、パッティングもうまい。スイングや取り組んでいることがうまくいけば、僕たちが知っているジョーダン・スピースに戻るだろう。時間の問題だよ」。前のめりになる周囲の雰囲気を察したように、優しくコメントした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!