ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

好相性のフェニックスで出遅れ 松山英樹はグリーン上の苦戦続く

2021/02/05 10:54


◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 初日(4日)◇TPCスコッツデール (アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

スタートの1番から3m、4m…。2ホール続けてチャンスを逃した松山英樹は過去2勝のコースでも、グリーン上で苦しんだ。持ち前のショット力を武器に「71」で耐えたが、2バーディ、2ボギーと静かなスコア展開が悔しい。70位は首位と8打差の滑り出しになった。

<< 下に続く >>

グリーン手前からのアプローチを寄せた3番(パー5)でバーディを先行しながら、4番(パー3)をボギーにした。8番でフェアウェイからの第2打をグリーン奥に大きくオーバーさせる“らしくない”ミス。左足下がりのアプローチから3mをねじ込み、「8番のパーパットが入ったので流れ良くプレーできるかと思った」が、苦しい展開は続いた。

パー3を除くティショットでフェアウェイを外したのは4回だけ。そのうちの後半15番(パー5)で5mを沈めてバーディにしても、終盤のチャージにはつながらない。

コロナ禍で昨年よりも縮小された観覧席が待つ16番(パー3)で3mを外してボギー。17番は1m、18番はカラーからの4mがカップをかすめ、パーどまりとなった。

昨年までに当地で平均スコア「67.8」をマークしてきた。相性の良さを誇るからこそ、予選カットラインが気になるポジションでのスタートに満足いくはずがない。苦戦続きのパッティングの感触について問われても、「入らなかったら、良くても仕方がない」と自らを断じた。

「しっかりとあしたの朝、プレーしたい。スコアを伸ばしていければ」。今週から目澤秀憲コーチが帯同。練習日から視線を送っている。翌朝のティオフに向けた話にも熱がこもりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!