ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<1月18日>

2004年 エルス2年連続プレーオフで大会連覇

「ソニーオープンinハワイ」でアーニー・エルス(南アフリカ)がハリソン・フレイザーとのプレーオフの末に大会連覇を果たした。

男子ツアーに参戦した14歳の“天才少女”ミッシェル・ウィが大会前から話題を独占。カットラインに1打届かず予選落ちとなったウィと練習ラウンドをともにしていたエルスは、首位フレイザーと1打差2位から最終日をスタートした。

<< 下に続く >>

一時はトップに立つも追いつかれ、最終18番(パー5)も2人そろってバーディで通算18アンダー。エルスにとっては、アーロン・バデリー(オーストラリア)を破った2003年大会に続くプレーオフにもつれ込んだ。

3ホール目でバーディを奪い、ヒューバート・グリーン(1978、79年)、コーリー・ペイビン(86、87年)に続く大会史上3人目の連覇。

いずれもプレーオフを制しての大会連覇はジャック・ニクラス(72、73年のAT&Tペブルビーチプロアマ)、ニック・ファルド(98、99年のマスターズ)という2人のレジェンド以来の快挙でもあった(のちに2016、17年のウェイストマネジメント フェニックスオープンで松山英樹が達成)。

この2004年は欧州ツアーで2年連続賞金王。PGAツアーでも3勝を挙げ、トッド・ハミルトンにプレーオフで敗れた「全英オープン」を含め4大メジャーすべてでトップ10入りもしたが、シーズン9勝と圧倒的な強さを見せたビジェイ・シン(フィジー)と大差の賞金ランク2位。欧米ダブル戴冠はならなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!