ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ソニーオープンinハワイ
期間:01/14〜01/17 場所:ワイアラエCC(ハワイ州)

「何なんですかね、わっかんないです」金谷拓実、予選落ちであふれた感情

2021/01/16 15:05


◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 2日目(15日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

あと1打。いや、あと数センチが届かなかった。イーブンパー99位から出た金谷拓実は5バーディ、2ボギー「67」と伸ばしたが、カットラインに1打届かず予選落ち。最終9番(パー5)は決めれば週末に滑り込める6mのイーグルパットがわずかにショート。頭を抱え、天を仰いだ。

<< 下に続く >>

「昨日に比べてティショットも安定していたし、チャンスも作れた」という2日目。インから出て、折り返した1番をバーディとして通算3アンダーへ。だが、カットラインも「-2」から「-3」、「-4」へと上がっていった。

「途中、スタートしたときの感じよりも、カットラインがどんどん上がっていったから、『まだ上がった』って思いながら…。そう考えたら、ちょっと焦りもあったと思う」と冷静に振り返れば、反省点も見えてくる。

後半6番はバンカーからの2打目をグリーン奥にこぼしてボギーとし、通算2アンダーに一歩後退。その時点でカットラインは「-4」。7番、8番とバーディパットはカップをかすめ、迎えた最終9番(パー5)はイーグルが必須の状況。

ティショットは右ラフにつかまったが、2打目はアイアンで低く出して、ピンハイまで転がし上げた。チャンスは作った。目の前にあるのは、入らなければどんなに近くに寄っても意味のないイーグルパット。慎重にラインを読んだが、球はカップに届かず失速した…。

タップインバーディとしたあとに、帽子を深くかぶり直して、顔を隠した。結果がすべてと挑んできて、その結果を真正面から受け止めた。――予選落ち。

ホールアウト後、金谷の顔は紅潮していた。「何なんですかね、わっかんないんですよね。自分では精いっぱいしているつもりでも出遅れるし、きょうも良いプレーで回っているつもりでもそんなに順位も上がらないし…。レベルの差って言ったらそれまでだけど…。悔しいけど、ゲームとかと一緒で、ずっと最初のステージをやっても面白くない。うん、だから、そういう感じですかね…」。そこまで吐き出すと、込み上げる感情が涙となってあふれてきた。

「すみません…」。それ以上の言葉はいらなかった。

いったん日本に帰国して、すぐにUAE、サウジアラビアでの欧州ツアー2連戦へ向けて出発する。中東の熱風が、涙を乾かし、結果への渇望を癒やしてくれると願いたい。(ハワイ州ホノルル/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!