ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

「プレッシャーを掛けられない」 逃げるジョンソンを追う選手たち

◇海外メジャー◇マスターズ 3日目(14日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

今年の海外メジャー最終戦「マスターズ」は3日目を終え、世界ランク1位のダスティン・ジョンソンが後続に4打差をつけて逃げ切り態勢。残り18ホールあるとはいえ、追いかける選手にとって、その手がかりは普段より乏しいものになっている。

<< 下に続く >>

第3ラウンドを首位タイから出たジャスティン・トーマスは、出入り激しく「71」で通算10アンダー止まり。「多くのショットを思い通りに打てたけど、結果がうまく伴わなかった」と、ジョンソンに6打差をつけられた。

最終日は最終組の1つ前でプレーをするが、「DJ(ダスティン・ジョンソン)を追いかける全員にとって不運なのは、観客もいないし、(彼の)状況を難しくするものが何もないこと。騒音も、アドレナリンも、余計なプレッシャーも今年はない」と、オーガスタ独特の雰囲気がないことを残念がった。

例年ならば、誰かがイーグルやバーディを奪うとコースに大歓声が響き渡り、それは遠くにいても把握できる。「パトロンがいないことは大きな違い」と指摘した。

同じく首位から出たジョン・ラーム(スペイン)も、「72」とスコアを伸ばせずむくれ顔。「ひどい1日だった」と振り返り「奇跡的なスコアを出さないとチャンスはない」と最終日の7打差を前に呆然とした。

一方で、逃げるジョンソンは「周りは良い選手ばかりなので、勝つためには良いゴルフをしないといけない」と警戒するが、「ソフトコンディションなので、どの番手でも、距離感に自信さえあればアグレッシブに狙っていける」と手応え。

自身のこれまでのメジャー大会では最終日を4度、首位(タイ)からスタートして1度も勝利につなげられていないが、その記録に終止符を打つ好機が到来した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!