ニュース

米国男子ビビント ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ビビント ヒューストンオープン
期間:11/05〜11/08 場所:メモリアルパークGC(テキサス州)

8カ月ぶりギャラリーの声援も 松山英樹「コースは苦手な雰囲気」

2020/11/06 09:34


◇米国男子◇ビビント ヒューストンオープン 初日(5日)◇メモリアルパークGC(テキサス州)◇7432yd(パー70)

昨年末に再オープンしたコースは、改修に携わったブルックス・ケプカを除けば、おそらくほとんどの選手に知識がない。大会初出場の松山英樹は「(グリーンで)ピンポイントに止めないと痛い目に遭う。あまり好きじゃない、苦手な雰囲気」という試合前の印象から、2バーディ、2ボギー「70」、29位タイで滑り出しのラウンドをまとめた。

<< 下に続く >>

フェアウェイキープ(46.15%)、パーオン(55.56%)の成功率はいずれも半分程度。「ティショットがフェアウェイに行かなかったので、チャンスも必然的に少なくなる」と反省したが、スピンの利いたボールをいとも簡単に弾くグリーンの硬さも目立った。

前半16番(パー5)でバーディを先行させ、難度の最も高い後半1番でアイアンでの2打目をグリーン左に外してボギーをたたいた。ほとんどが砲台状になるグリーン周りからの寄せにも手を焼き、7番(パー3)で2つ目。2オンに成功した8番(パー5)でバーディを奪い返し、「ボギーを2つに抑えられたのは良かった」とイーブンパーでのスタートにホッとした表情も見せた。

今大会はコロナ禍でのシーズン中断を経て、米本土で初めて観客の来場を認めた(1日2000人限定)。松山にとっては大会が途中で中止された3月「ザ・プレーヤーズ選手権」以来の“あるべき姿”が垣間見えた。数少ない日本人のファンの視線と声援を受け取ることもできた。感染リスクの上昇が懸念材料として残っても、「コロナでまだどうなるか分からない中で、そうプレーできることはうれしい」と日常への回帰のプロセスは喜ばしい。

次週に控えたメジャー第2戦「マスターズ」(ジョージア州オーガスタナショナルGC)を見据えた大会はいきなり混戦模様。「風もどうなるか分からない。少しでも伸ばしていけるように頑張りたい」と満足感は少なくとも、トップとはまだ5打差だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ビビント ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!