ニュース

米国男子ビビント ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ビビント ヒューストンオープン
期間:11/05〜11/08 場所:メモリアルパークGC(テキサス州)

ミケルソン「マスターズ」へ秘策 47.5インチ1Wを最終テスト

フィル・ミケルソンが、次週12日に開幕が迫る「マスターズ」(ジョージア州オーガスタナショナルGC)へ秘策を温めている。試していたシャフト47.5インチの1Wについて、5日からの「ヒューストンオープン」(テキサス州メモリアルパークGC)で最終調整に臨む。

キャロウェイゴルフのポッドキャストでその戦略に言及。1、14、17番と3つのパー4に加え、2、8番と2つのパー5を挙げ、フェアウェイバンカーなどを越えていくために315から320ydの飛距離を稼ぐことが目的だとした。

<< 下に続く >>

「その距離をキャリーで飛ばすことができれば、アドバンテージを握れる。例えば1番なら(2打目で)サンドウェッジでグリーンを狙えるから、バーディを考えることができる。3Wで(右のフェアウェイバンカーを避けて)もっと左に打たなければいけない場合、2打目は6Iか7I。どうやってパーで上がるかを考えることになる。もう少しボールを遠くに飛ばせれば、いくつかのホール攻略につながる」

規格外の飛ばし屋に変身を遂げたブライソン・デシャンボーが、ルール適合ギリギリとなるシャフト48インチの1W投入を示唆して話題を呼んでいる。かつてドロー用、フェード用と2本の1Wをバッグに入れてオーガスタをねじ伏せたこともあるビッグレフティも、50歳を迎えてなお貪欲だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ビビント ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!