ニュース

米国男子ビビント ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ビビント ヒューストンオープン
期間:11/05〜11/08 場所:メモリアルパークGC(テキサス州)

4バーディ4ボギーの“流れ”に不満も…小平智は決勝圏内でスタート

2020/11/06 10:03


◇米国男子◇ビビント ヒューストンオープン 初日(5日)◇メモリアルパークGC(テキサス州)◇7432yd(パー70)

1週のオフを挟んで迎えた小平智は「70」で回り、イーブンパーの暫定29位タイでスタートした。バーディとボギーが4つずつのスコアカードには、「バーディを獲ったらすぐにボギーという感じで悔しかった」という評価。上り調子なだけに、不満も口にした。

<< 下に続く >>

ひとつ伸ばして迎えた後半アウト2番(パー3)、50㎝ほどのパットがカップの左フチに蹴られて手痛いボギーを喫した。カラーから7m近くをパターで沈めた4番をバーディとした後、5番でアプローチミスからボギー。傾斜の大きなグリーン、リニューアルしてからまだ1年ばかりの若い芝も読みにくく、オーバーパーを免れたスコアは耐えた格好でもある。

「(悪いリズムを)断ち切って、流れに乗れるかな…というところですぐに切ってしまう。そこがもったいない」と悔やむのも、2週前に出場した「ZOZOチャンピオンシップ」に入る前に感じた復調をキープしているからこそ。「ゴルフの調子は引き続き(良い)。明日伸ばしたいなと思います」と自信を持って言える。「そんなに悪くないので気分は悪くないが、スコアになってないので、明日はスコアにしたい」

35位だった「ZOZO」は出場選手全員が4日間をプレーした。小平がそれ以前に米ツアーで72ホールを戦い抜いたのは昨年1月の「ソニーオープンinハワイ」までさかのぼる。まずはもちろん、カットの網をかいくぐりたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ビビント ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!