ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッドの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド
期間:10/22〜10/25 場所:シャーウッド(カリフォルニア州)

「なんでも1人でできるように」 金谷拓実のメンタリティ

2020/10/24 15:07


◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド 2日目(23日)◇シャーウッドCC(カリフォルニア州)◇7073yd(パー72)

ボギーなしの5バーディ「67」で通算7アンダー35位タイにつけ、プロ転向2戦目を折り返した金谷拓実の目線は高い。

<< 下に続く >>

ティショットがフェアウェイを外したのは後半5番(パー5)の1ホールだけ。パーオン率も90%を超えた。表情を引き締めるのは、「もうちょっとパターが決めきれたら…」というグリーン上の反省だけじゃない。

ビッグスコアが相次いだリーダーボードを見渡し、「5アンダーが“普通”のスコアになってしまう。どんどん(全体の)スコアが上がっていくから、やっぱり『すげえな』と。こういうのをどんどん経験していかないと慣れてこないと思うし、これがベーシックだと思うので」。レベルの高さをヒシヒシと感じながら、その世界基準を当たり前のように自分にも当てはめて考えることができる。

今週も含め、海外でプロの大会に出場する際は「コースをよく知っているし、早く雰囲気に慣れていきたい」と現地の外国人キャディを積極的に起用。近い将来の挑戦を目指す海外ツアー。思い描く理想像にも旺盛なチャレンジ精神が垣間見える。

「日本だったら、1人で車を運転して試合会場に来て…というのができるじゃないですか。それを海外でも、普通にできるようになりたいと思っています。運転、語学…もうちょっとしたら、なんでも1人でできるようにはなりたいなと思いますね」

プロになったばかりの22歳は、世界で戦う自分をどこまでも具体的にイメージしている。(カリフォルニア州サウザンドオークス/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!